ランチェスターの法則


ランチェスターの法則とは?

軍事戦略を方程式化したもの。

5つの法則から成り立っています。

これらは販売戦略に用いられます。


第一法則(一騎打ちの法則)

・一対一で戦う事で兵数の多い方がその分生存し勝つという考え。



A軍50名B軍30名同士で戦うと

50−30=20

という式になり

A軍20名が残り勝つという計算になります。※

A軍、B軍の戦闘力は同等と考えます)

第二法則(集中効果の法則・確率戦闘の法則)

・大砲や戦闘機などの一人が複数の敵を攻撃できる場合



A軍50名B軍30名同士で戦うとが

50*2−30*2=40*2

という式になり

A軍が40名残り勝つという計算になります。※

A軍、B軍の戦闘力は同等と考えます)

最適戦略

ランチェスターの法則の計算を見ると兵員数の多さが着眼点になります。

もし兵員数を増やす事が出来ないのならば

性能のよい武器を使う事が重要になります。

さらに、もうひとつ大切な事として

第1法則第2法則のどちらを使い戦闘を行うか

どちらが最適かという事を吟味する事です。

強者戦略
A軍の被害を第1法則と第2法則で比較します。

1の場合50名中30人の兵員を失っています。

2の場合50名中10人の兵員を失っています。

つまり第2法則を適用した時の方が被害が少ないという事になります。

これにより強者であるA軍はできるだけ兵員数が残るように

第2法則を適用できる戦場で戦うべきであるという事が分かります。
弱者戦略
A軍の被害を、第1法則と第2法則で比較してみると。

1の場合50名中30人の兵員を失っています。

2の場合50名中10人の兵員を失っています。

A軍の被害は、第1法則を適用したときのほうが多いです。

これにより、弱者であるB軍は、できるだけA軍を倒せるように

第1法則を適用できる戦場で戦うべきであるという事が分かります。


携帯裏情報へ戻る
- mono space -